HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 遺影写真

スタッフブログ 遺影写真

急死の葬儀写真


先日、東広島市安芸津町のKさんが亡くなられました

私が小さな頃から知っている文房具店の社長でした

息子さんとも親しくしておりました

死亡前夜も普段と変わりなく過ごされ朝早くトイレにも行かれ

早番の奥さんが寝顔を確認されたそうです

ただ出勤が遅いので息子さんが見に行かれるとすでに息がなかったとのこと

満87歳での最高のお参りですが周りは慌ただしいばかりです


遺影写真ははっきりしないピンボケのお写真でした

半年前に奥様が生前遺影写真を近々一緒に写りたい

と話されていたことが頭から離れません

みなさん元気なうちに生きた証の葬儀用のお写真を日の丸写真館で残しておいてくださいね

スナップ写真から遺影写真の加工を東広島市のSさんに依頼されました


大阪に在住のSさんの51歳になられるお嬢さんが亡くなられ3月の中にお骨を受け取りに行かれる時
持参されるために依頼にこられました。

7人写られているLサイズのスナップ写真からです
キャンプでの料理中のお写真のため包丁を片手にもたれ胴体にかかっていました。

その包丁を消し背景を無地に加工するご依頼です。

東広島市安芸津町の日の丸写真館の加工技術で
自然で綺麗な遺影写真を仕上げれることをご説明しました。

即日仕上げも可能ですが1週間の時間をいただきより良い仕上げをさせていただきます。

今回の加工技術料は
背景消し、包丁消し、濃度 色 コントラスト補正、ピントアップ、などで13500円

またラミネート加工プロプリントは手札サイズ12.7cmx8.9cmの大きさをご希望、1枚1000円です
ご兄弟のため3枚ご購入です。

またこの遺影写真に合う額750円もご購入されれました。

今後この遺影がSさん、亡くなられたお嬢さんのご兄弟の絆としての役割を果たすと思うと

より良い遺影写真に加工仕上げすることに精進することを念じて止みません。

スナップ写真を遺影写真に加工

本日のお客さま 呉市安浦町からお越しのK様
ご依頼内容 スナップ写真を
ご主人の生前遺影写真(葬式用写真)として作成
写真の状況 ・小さな写真
・色なども変色
・然も面質が絹目の八角形タイプ(古いタイプの写真にある加工)
・大きく伸ばすと蜂の巣のような模様が現れる

当スタジオの技術で上記写真の状況でも

遺影写真へ加工するとができます!



日の丸写真館の写真加工について

ピントアップレタッチ技法 ボケたピントを長年培った技法により、より鮮明に仕上げていきます。
画像劣化を伴わない変形技術 今回のように、服などにも蜂の巣模様が現れる場合は、
何十年も撮り溜めている写真からほぼ同じような服の写真を使用します。
体型に合わせ画像を選択し合成。
補正技術 ピント具合、色、粒状性、濃度、コントラストなどを正確に合わせます。

  頭と服とのバランス調整は、

35年以上の経験者が絶妙のバランスをとり合成加工とはわかりません。

また背景はその方にあった何十年飾られても飽きのこないナチュラルな背景を
お一人お一人オリジナルに作成します。
また人物との違和感も全くありません。


まるで写真館で写したような感じに仕上げます・

スナップ写真から遺影写真への加工時間


葬儀となり急がれる場合は、

2時間あまりで仕上げることも可能です!!

またプリントは色などが変色しにくい銀塩プリントで出力し、

プロラミネート加工をし濡れても画像が無くなることがありません。

安浦の方は仕上がりを大変喜んでいただきました。

 

お葬式 東広島市 安芸津


今日は叔父の葬儀でした

生前川で鮎とりの技法を手取り足取り教授いただき

また明るい性格で周りをいつも和やかにされていました


ただ葬儀写真では生前のイメージとは違って真面目で少し険しい感じの写真で

小さな写真を拡大しため少しぼけた感じでした


つくづく思いました

日の丸写真館で生前遺影写真を写していれば


叔父らしい遺影が残せたはずなのに


残念です

葬儀集合撮影

大好きな方との別れとても悲しい事です。
旅立ちの日、葬式は遠方から親族が集まる日。

葬儀が終わり数年後…数十年後にその家系の歴史として、
写真として形に残してみてはいかがでしょう。

IMG_8392.JPG

生前遺影写真を写りに


東広島市安芸津町木谷の70代の奇麗なS様

美容院に行った帰りに寄りましたと

自動車免許写真を写りにこられ撮影の前に

生前遺影写真もを残してた方がいいでしょうかと尋ねられました

ご自分のために残されてくださいと言うと

証明写真からでも出来ますよねとの問いに

良い表情で美しく奇麗にご自分を残されたいのでしたら

ちゃんと写られた方が後悔されません
とお答えすると

服装を替えられながら素晴らしい表情で楽しく写られました

お気に入りの二つを選ばれ祭壇用と焼香用にされるとのこと

ご自分の写真に大変喜んでおられ

今度はお父さんを必ず連れてきますと店を後にされました。

 

写真のような絵の遺影


先日の古い絵の遺影の合成が仕上がりました

お客様も大変喜ばれています

コレをカラー化する事も出来ます

古い写真の復元、修繕、合成など

広島県東広島市の日の丸写真館までお気軽にご相談ください


170309沖本様合成 2.jpg
170309沖本様合成 2.jpg

 

入院されて生前遺影


入院されているご主人

東広島市安芸津町在住の奥さんが以前主人が遺影のための写真選びをされていた写真

沢山お持ちになられました


その中からの本人希望の笑顔のお写真

バス旅行の室内で写された物らしくバスの座席がじゃまになり顎より下が写っていません

他のお写真で体が写っているものがあり


顔の顎作成と本人の体との合成、背景を消す作業となりました

日の丸写真館では合成だとわかない自然な感じで仕上げます


皆さんご自分の気に入ったお写真を遺影にと思ってられるんですね


日の丸写真観では普通出来ないような合成、ない物を付け足したり、

白黒をカラーにまたカラーを白黒に、 

破れた写真を復元、髪の毛を増やしたり色を変えたり

いろんな写真救済が出来ます。

生前遺影写真

『生前遺影写真』近頃、高齢者の方たちで気にされている方が

増えて来たように思います。

「友達が作っとったわいや〜」

「作っとったら死んだ時に困らんけんね〜」

「歳じゃけん、はよ〜撮っとかんにゃ〜」

などなど.......

撮影時には大体の方か言われます。

「男前にとってよ!!」

「べっぴんさんに撮ってよ!!」

美意識がとても高いですshine


自分の生きてきた証として残す遺影写真

どんな自分を残されますか?

元気なお顔で満足なお写真を残されませんか?

生前遺影撮影


明けましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願いいたします

日の丸写真館スタッフ一同


今年初の証明写真のお客様Iさん60年あまり前に大長から瀬戸の花嫁として安芸津に嫁がれました

いろんなご苦労をされた方です
 
今はふせがちなご主人とお二人、毎日Iさんは農業にいそしまれてるそうです

ただ、ほとんど普段は人との会話がなく日頃の鬱憤のはけぐちがないそうです

そこでご自分のために何かされてはと提案すると主人が一人になるので、、、

それでは楽しくわくわくできるご自分を残す撮影をご自分のためにいかがですかと、お話しすると

ちょうど普段、着ない色の服を着てるのでと楽しい素敵なお顔で写られました

この撮影をするコトで鬱積したモノが発散され少しでも幸せの時を残せるんだなと感じられました

どうぞ幸せを残すお手伝いをさせてくださいね

Iさんとの出会いとこのコトに感謝


 

123

メインページ | アーカイブ

このページのトップへ